modelcourse

DAY

1日目

13:00

海上ではインストラクターが丁寧に指導してくれる&カヤック・救助艇で側にいてサポートしてくれるので安心してシーカヤックを楽しめます。
シーカヤックは4月末~10月末、12月~5月はいちご狩りも楽しめるので、天候や時期によって楽しみかたを変えられるのも魅力のひとつです。

小豆島ふるさと村 公式サイト

  • 小豆島ふるさと村

14:00

日本のオリーブ栽培のはじまりと言われる小豆島オリーブ園。
日本最古のオリーブの木にも出会えます。
オリーブオイルや化粧品を販売するショップもあるので、ぜひ立ち寄ってみて。

小豆島オリーブ園 公式サイト

  • 小豆島オリーブ園
  • 小豆島オリーブ園

14:30

海を見下ろす小高い丘に広がる公園は、美しい景色や風車、実写版映画「魔女の宅急便」の世界観を楽しめる人気スポット。
園内のオリーブ記念館で「魔法のほうき」の貸し出しも行っているので、みんなでキキになりきってSNSに写真をアップしてみよう。

小豆島オリーブ公園 公式サイト

  • 小豆島オリーブ公園

15:30

酒米の米粉を使ったコッペパンは小豆島の新しい美味しさ。
サイズは小ぶりなのでおやつ替わりに気軽に食べられます。
徒歩で行ける距離内に同じく森國酒造が手掛けるカフェ&バー、ギャラリーなどもあるのでぜひチェックしてみてください。

小豆島で唯一の酒蔵 森國酒造 森國ベーカリー

  • 森國酒造

17:00

客室のご案内はこちら

  • ベイリゾートホテル小豆島

DAY

2日目

9:00

瀬戸内海の新鮮な魚介類、小豆島の契約農家による無農薬野菜など、島の豊かな自然にはぐくまれた山海の幸がずらりと並ぶ朝食バイキング。
しっかり食べて元気に出発です!

朝食のご案内はこちら

  • 朝食イメージ

9:45

「直島」はアートの島として、島全体のいたるところに近代アートが溶け込んでいます。
SNSでシェアしたくなるカラフルでおしゃれなアートもたくさん!

移動には町営バスやシャトルバス、レンタサイクルがおすすめです。

ベネッセアートサイト直島

10:30

クロード・モネが手掛けた最晩年の「睡蓮」、光そのものをアートとして提示するジェームズ・タレルの作品など、ここでしか見ることのできない特別な作品に出合えます。

地中美術館 詳細はこちら

  • 地中美術館

12:00

ベネッセハウスミュージアムは「自然・建築・アートの共生」がコンセプトの美術館とホテルが一体となった施設。
作品は展示スペースにとどまらず、館内のいたるところに設置され、施設をとりまく海岸線や林の中にも点在するなど、自然とアートと建築が融合するミュージアム。

ベネッセハウスミュージアム 詳細はこちら

  • ベネッセハウスミュージアム

13:00

ベネッセハウス ミュージアムの2階にあるカフェです。
自然光が降り注ぐ解放感ある店内で、眼下に広がる瀬戸内海を眺めながらランチを。

ベネッセハウス ミュージアム関連書籍をはじめ、お土産に最適なアートグッズを取りそろえたショップが併設されていますので、食後にお土産を見るのもおすすめです。

  • ミュージアムカフェ

14:00

家プロジェクト 詳細はこちら

  • 家プロジェクト

16:00

楽しかった旅もいよいよ終わりに近づきました。お帰りは港より出航です。

アクセスのご案内はこちら

  • 港イメージ

MENU

宿泊プランご予約

アクセス

FAQ

閉じる