Home > 小豆島の観光案内

島の食

二十四の瞳映画村

有機野菜

小豆島が舞台となった小説、壷井栄「二十四の瞳」の映画やドラマ撮影舞台となった「二十四の瞳映画村」。映画そのままの景色と懐かしさです。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

キネマの庵

小豆島のお醤油

「二十四の瞳映画村」の中にあり、1950年代の日本映画黄金期の作品の数々が展示されています。併設カフェの懐かしの給食セットも人気です。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

寒霞渓&紅雲亭ロープウェイ

鮮魚

火山活動で生まれた奇岩が風化し、そそり立っています。ロープウェイで山頂まで行くと瀬戸内海の雄大な景色を望むことができます。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

小豆島オリーブ公園

揚げたて♪天ぷら

小豆島は日本のオリーブ発祥の地!公園内には、オリーブ園、ギリシア風車やハーブガーデンなどがあり、いろいろな体験コーナーもあります。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

オリーブ園

オリーブオイルの写真

オリーブは香川県の県花・県木に指定されています。園内には1908年、日本で初めて根付いた「オリーブ原木」が現存しています。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

マルキン醤油記念館

小豆島のお醤油

マルキン創業80周年を記念して設立した醤油と食文化の歴史を、8つのコーナーに分けて展示・紹介する楽しい博物館です。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

小豆島ふるさと村

小豆島のお醤油

手延そうめん館・ファミリープール・夢想館、また各種アクティビティ等いろいろな体験ができます。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

銚子渓 お猿の国

小豆島のお醤油

美しの原高原から寒霞渓へ通じるスカイラインの入口にあたる銚子渓は、寒霞渓と並び称される小豆島を代表する景勝地です。その渓谷に500匹余りの野生のサルが住む「お猿の国」で愛嬌たっぷりのサル達と、大自然の中でふれあってみませんか?

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

topへ

島の食

森國酒造

小豆島のお醤油

瀬戸内海に浮かぶ小豆島で唯一の蔵元【森國酒造】築70年の佃煮工場をリノベーションした、個性的な空間では、お酒の試飲、販売はもちろん、お酒や島の素材を使ったカレーやスイーツ、利き酒セットや日本酒のカクテルを味わえるカフェ&バー。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

ダッチカフェ

小豆島のお醤油

オリーブ公園から山道を少しのぼると、高台にかわいい風車の姿が。建物は、オランダ人ミッシェルさんと日本人の奥様の手作りで、随所にこだわりが見られます。名物はオランダ風パンケーキ。ホットケーキともクレープとも違う食感のパンケーキは、とても美味♪パンケーキは、食事系とデザート系があるので、両方頼んで皆で分けて食べるのはいかが??

詳しくはコチラ

京宝亭

小豆島のお醤油

醤の郷、小豆島に美味なる佃煮屋あり。ホテルから車で3分、食欲をそそる醤の匂いが漂う醤の郷。佃煮工場見学は、お一人様からどうぞ。(要予約)

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

タケサン記念館「一徳庵」

小豆島のお醤油

小豆島の豊かな自然と昔ながらの職人技が生んだ、一徳庵ならではの味わい深い醤油と佃煮。伝統技法と天然素材にこだわり抜いています。長年親しまれてきたタケサンブランドの商品もお買い求めいただけます。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

エンジェルロード

小豆島のお醤油

土庄町余島は潮の満ち干きで島が繋がったり離れたりする不思議スポットでもあるのです。潮が干いたら真ん中で手と手を結びましょう♪きっと願いがかなうはず。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

土渕海峡

小豆島のお醤油

小豆島本島と前島の間を流れる全長約2.5キロの海峡。一番狭いところは、幅が9.93メートルで、世界一狭い海峡としてギネスに認定されています。

詳しくはコチラ

公式HPはコチラ

小豆島大観音

小豆島のお醤油

スリランカ国より頂いた優しいお顔の観音様です。お釈迦様の歯の分骨がおまつりされています。中にはエレベーターがあり、釈迦殿(展望室)まで登れます。

 

オリーブビーチ海水浴場

小豆島のお醤油

紺碧の海は、まるで地中海のようです。マリンスポーツも盛んで小豆島で最大のビーチです。

 

大阪城残石記念公園

小豆島のお醤油

約370年前、大阪城修築の際に切り出され、使われることなく放置された40個の残石を中心に整備された公園。当時の輸送方法などがわかりやすく再現されている。

 

平和の群像

小豆島のお醤油

小豆島の作家・壺井栄の不朽の名作『二十四の瞳』のブロンズ像。子ども達の平和と幸せを求める永遠の願いが込められています。

壷井栄文学碑

小豆島のお醤油

壺井栄が幼い頃遊んだ坂手港・向いの丘に建てられ、碑文は栄が好きだった俗謡から選ばれました。「桃栗三年 柿八年 柚の大馬鹿 十八年」

中山千枚田

小豆島のお醤油

日本名水百選にも選ばれている「湯舟の名水」が流れ込む棚田は、千枚田と呼ばれ、移りゆく季節によって、さまざまな表情をみせてくれます。